SIMPLE x GREEDY

ミニマリストになり切れない、アラフォー独女のシンプルだけど欲張りな日々。

自分が求めているのは何?選ぶ本で今の自分が分かる

f:id:soyliliani:20171013231444j:plain

今週は日帰り出張が多く、慌ただしい1週間でした。

しかも火曜日は朝から健康診断で血を抜かれたり、バリウムと下剤を飲まされてお腹を下したり。また昨日と今日とで季節が一変して、なんだか心身ともに「ついていけねっす(-_-;)」って感じでした。

 

それがブログ更新が滞ったいいわけでございます(;^ω^)

 

今回は本のお話。

本と自分との付き合い方についてはいつか書こうと思っていたのですが、活字中毒だけれど、本を買うことはさほど多くありません。

 

【目次】

 

★「買う」と「借りる」のバランスをうまく取る

f:id:soyliliani:20171013231317j:plain

ワタシ自身は常に本を読んでいないと安心できないほどの活字中毒なのですが、その欲望のまま本を買っていたら数週間で破産します。だから図書館を利用して本代を抑えています。

 

図書館へはほぼ毎週末に足を運んでいて、通勤中や出張の移動中に読む本を調達します。モノに寄りますが早いときは1日の往復で1冊読み終えてしまうので、欲張りすぎという突込みを受けそうな量を借りていきます。

 

時々本屋へ行ったりして面白そうな本を見つけても、すぐ買わずに図書館で予約などして取り寄せるように。ワタシが本を買うのは勉強したい分野があって、手元において何度か参考にしたいとかそういう場合です。語学関係は買ってますね。

 

はっきり言ってしまうと大抵の本は一度読んで、大事なところをノートに取っておけば事足りますし、いたずらに蔵書を増やしてものでごった返す生活を送るのも不本意ですから、「借りて返す」スタンスがちょうどいいのです。

 

また、本代を抑えることで、本当に必要な本にお金がかけられるのでメリハリがついていい感じ。

 

★本を買うときのワタシのルール

f:id:soyliliani:20171013231338j:plain

今週は何冊かまとめて本を購入しました。勉強したいことがいくつかあり、その分野の本を買うつもりで本屋へ行ったのです。ただし、ここでもシンプリストの本選びの基準があります。

 

①欲しい本を欲しいだけ手に取る

②レジに向かわず、どこかスペースを見つけて本を広げる

スマホで古本販売サイトで在庫がないか確認

 この段階で書店で買うよりお得な場合は、ネットで買う方を選ぶ

④古本サイトでも見つけられなかった本を数冊だけに絞って、残りは本棚に戻す

⑤本の購入

 

 

つまり、本屋へ行ってもそう簡単に即買いはしないということです。

また、異なる分野がまんべんなく揃うようにも注意します。

 

 

★今回選んだ本から「今」の自分を読み解く

f:id:soyliliani:20171013222326j:plain

今週買った本は合計6冊。

ネットで買ったのが3冊と本屋で買ったのが3冊。

本屋で6冊買うより、当然リーズナブルに買い物ができました。

 

同時に、選んだ本を改めて見ていると、今の自分が求めていることがクリアーになります。

 

今回私は、

・海外で働くノウハウ系・・・2冊

・投資系・・・2冊

・保険系・・・1冊

・ブログのハウツー系・・・1冊

 (画像無)

 

そしてそこから見えてくる今のリアルなワタシの内面は

 

◎経済的な基盤固めをしたい

◎再び海外へ出ていきたい

◎ブログをもっと良くしたい

 

というもの。

 

ただいずれについてもノウハウが自分の中に足りないので、勉強が必要だと自覚しているわけです。

 

同時に経済面では実際に行動に出ていて、貯金だけではなく投資や保険など将来のためになることを始めています。

 

海外進出については、正直何をどうしたらいいかちょっと迷子状態。できればパワーアップした状態で仕事を見つけて出ていきたいので、今は準備期間なのだと思っています。

 

実は最近今後のキャリアについて色々考え始めたこともあり、自分がどうしたいのか、またそのためには何が必要なのかを洗い出して、パワーアップする必要があるな、と思っています。

 

本だけで学べるわけではありませんが、確実に自己投資になる本の買い方をするようにしています。

 

[http://にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村:title]

[http://にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村:title]

[http://にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村:title]