SIMPLE x GREEDY

ミニマリストになり切れない、アラフォー独女のシンプルだけど欲張りな日々。

2017年買ってよかったモノリスト★定番靴に出合えた

f:id:soyliliani:20171123193116j:plain

 

おはようございます。貪欲なシンプリストです。

あっという間に11月も残り1週間。

2017年もほぼ終わり状態に近づいております。

 

この時期になると、シンプリスト・ミニマリストさんのブログ界隈では「買ってよかった」特集記事が更新されることが多いですよね。

 

そういうのって読むのも楽しんですが、書くのも自分の1年分の買い物を振り返るいいきっかけになるので、真似っこして、ワタシもぼちぼち始めてみようかなと思います。

 

 

一年の買い物に失敗なし!?

f:id:soyliliani:20171125082814j:plain

今年は家計簿をつけていて、アナログなので100均で買ったノートに記録していたんですが、それと併せて楽天Amazonの購入履歴を振り返ってみることにします。

 

楽天注文数:26件

Amazon注文数:32件(9割近くが書籍)

・衣類通販:5件

 

本当に必要なものに絞って買い物をしているので、ネットショッピングもまあそこまで多くはないかな。

 

シンプルに生きることを決めて、去年の冬の数か月中かけて行った断捨離効果で、いたずらにお金を使ってモノを増やすということが無くなったのが、今年良かったと思える点ですね。

 

だから基本的に「買って後悔したモノ」はありませんね。

 

 

自分の足に合う「定番靴」に出合えた!

今年の買い物の中でヒットしたと思えるのは、毎日でも履き続けたいくらいの定番靴に出合えたことでしょうか。

 

ワタシはよく歩く方ですし、出張先にも仕事用と普段用(移動のときとウォーキング時に履く)の2足を持っていくほど。

 

そんなワタシが、買うまでにはそれなりに店頭リサーチを重ね、購入に至った靴が何即かありまして、その甲斐あって現在も愛用しているものが多いです。

 

KeenのUNEEK

f:id:soyliliani:20171125090323j:plain

アメリカポートランド発のアウトドアシューズメーカーのkeenは、めちゃくちゃ快適な水陸兼用シューズが手に入るので以前から気に入っていました。

 

今まで履いていたのがぼろくなってきたので、今年の6月頃2代目購入を考え始めました。

 

そこで目をつけたのが去年からリリースされた足の甲の部分が編み込みという斜め上を行くデザインのUNEEKシリーズ。カジュアルにも、オサレな装いにも使える黒を選びました。

 

購入までには何度も店頭で試着したり、防水について店員さんに質問したりした結果、ポイント収入を狙って楽天でお買い上げ(ヒドイ奴だな(;^ω^))という。

 

こちらの靴は履いてびっくりするほど履き心地が良く、裸足で履いていると、まるでもう一枚の肌のような感じ。これぞ究極のコンフォートシューズですね。

 

夏は出勤時にもほぼ毎日履いていってました。

今の時期はさすがにソックス履きしても隙間風が寒いので、靴箱でお休みいただいてますが、また来年も活躍していただく予定です。

 

 

VANSスリッポン

f:id:soyliliani:20171125090438j:plain

↑のUNEEKが秋冬は履けないので、代わりに「カジュアルにも、おしゃれにも使える」黒の歩きやすい靴を探した結果、行きついたのがこちらも永遠の定番とも呼ぶべきVANSのスリッポンです。

 

ソール部分が白いとすぐ汚れるので、完全ブラックを選びました。

(画像左のはこれまで履いていたモノ。汚れが落ちなくなるほど履いたので手放しました)

 

スリッポンはズック靴なので、アンダー5,000円というお財布にやさしいお値段なのもうれしいですね。

 

ソールのゴムが固めなので、長時間歩くと疲れるかな、と思いきや、今のところ不快感は感じず。むしろ、ジップタックパンツにも、スカートにも、レギンスにも合わせやすいので、現在進行形でヘビロテ中でございます。

 

Madrasの厚底スリッポン

f:id:soyliliani:20171125090553j:plain

神戸発の元はメンズシューズメーカーのMadrasの靴と出合ったのは、出張先の名古屋の地下街をうろついているときでした。

 

ちょうど5月ぐらいに、それまで仕事用に履いていたレースアップのフラットシューズにガタが来はじめていて、買い替えを考えていました。

 

出張の合間、ランチタイムや移動時間の隙間時間を使ってデパートの靴売り場を除くなどする中、どんな靴がイイか自分の中でイメージを固め、イメージに合う靴をひたすら探してました。

 

仕事も終え、ちょっと疲れた体を引きずるように靴探しをしていた時に、この靴を発見。試着もしてなかなか良かったのですが、シンプリストはそう簡単に財布を開きません。有力候補としながらも、もう1軒百貨店を覗きに行きました。

 

でも結局、これ以上のものとは出合えず、こちらをお買い上げ。それまで履いていたレースアップの方は、お店の方に頼んで処分していただきました。One in one outの実践もシンプルなライフスタイルを持続させる黄金律ですからね。

 

エナメルとスムースレザーがコンビになった、一見メンズライクなデザインが、「甘すぎず、辛すぎず」を心掛けるワタシの装いに一役買ってくれてます。

 

もちろん仕事のときもパンツスタイルのときは、大抵この靴を選んでます。厚底のおかげで、足裏も疲れずとても歩きやすいです。これからも引き続き頑張っていただきたいものです。

 

アンダー2000円のバレーシューズ

f:id:soyliliani:20171125091042j:plain

こちらは今の会社に入る直前に購入したバレーシューズです。今はやりの先とがりタイプですね。

 

なんとこちらは、しまむらで安心価格のアンダー2000円。でも、ロココシノとのコラボなので、安っぽくないのが選ぶ決め手となりました。ただ、長時間履くと疲れるので、出張先に持参して、仕事のときだけ履くようにしてました。

 

少し大きめサイズにしてゆったり履いているので、スリッパ感覚で履けるのもいいですね。

 

さすがにお疲れが出てきているので、そろそろ現役は引退かな。お世話になりました~

 

2017年は靴の当たり年

f:id:soyliliani:20171125090119j:plain

靴というのはお店で出合って、数秒~数分試着したところで本当に自分の足に合うかどうかは、なかなか判断が難しかったりします。購入して、実際に1日中履いてみて初めて分かる難点も出てくるので、靴を買うのはある意味ギャンブルに近いですよね。

 

2017年はそういう意味で、買った靴はどれもヒットでしたね。今のが古くなっても同じものが欲しくなるくらいの「定番靴」にやっとたどり着いた気がします。

 

ワタシは、ジミー・チューとかマロノブラニクといった高級靴には全く興味が無く、穿きこなせる自信もないので無縁です。だから今まで1足の靴に払ったお金の最高額も30000円を下回りますし、今後もそれは変わらないと思います。

 

だけど自分にとって履き心地が良い靴というのは、何もウン万円も出さなくたって十分手に入ります。もちろん、そこそこのお金を出す必要はありますが、クオリティや作り手のポリシーなどを重視して、これからも自分の足がYESというような靴を大事にしたいと思います。

 

[http:// にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村:title] 

[http://にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプリストへ
にほんブログ村:title]

[http://にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村:title]